フリーページ8
岡倉天心 (おかくら てんしん)
【the Book of TEA】 〜茶の本〜



『茶の本』 著:岡倉覚三 (岡倉天心) 


★明治の文人、思想家
 岡倉天心(文久2年12月26日(1863年2月14日)〜大正2年(1913年9月2日)


岩波文庫版やら、他社からも多数新訳なども発売されています。

元々『茶の本』は明治39年(1906年)に『THE BOOK OF TEA』として英文で書かれたものです。
当時、岡倉天心がボストン美術館の東洋部顧問時代に出したニューヨークでの出版が初出。
以下の七章からなる名著です。

第一章 こころの茶
第二章 茶の流れ
第三章 道家思想と禅
第四章 茶室
第五章 芸術鑑賞
第六章 花
第七章 茶の宗匠





>日本茶紅茶烏龍茶 実は同じ茶の葉で出来ています!






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ